TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

里地里山 トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 高尾山

    高尾山

    東京都の多摩西部にあり明治の森高尾国定公園に指定 されている山なのである。 他に、関東ふれあいの道(湖・鳥のみち)、 東海自然歩道(箕面まで)の起点である。 高尾山はミシュラン☆★☆の観光地に選出されている。 しかし、ケーブルカー高尾山駅付近では圏央道の八王子 ジャンクションが見えて残念な一方も。

    テーマ投稿数 198件

    参加メンバー 34人

  • 暑い!!

    暑い!!

    夏日とは、日中の最高気温が、25℃以上の日を指していう。 ちなみに、真夏日とは、日中の最高気温が30℃以上の日を指していう。 猛暑をどうやって乗り越える!? じゃんじゃんトラックバックどうぞ!!

    テーマ投稿数 42件

    参加メンバー 22人

  • 気温

    気温

    気温(きおん)とは、大気の温度のこと。 通常、気温は地上の気温を意味し、WMO (世界気象機関)の規則により、地上から1.25〜2.0m の高さ(日本の気象庁の基準では1.5m)で、温度計を直接外気に当てないようにして測定する。そのために、温度計や湿度計はファン付きの通風筒や百葉箱に入れられる。

    テーマ投稿数 25件

    参加メンバー 8人

  • 「薬害」や「医療ミス」の無い世界を

    「薬害」や「医療ミス」の無い世界を

    いわゆる 医原病 病院に行ったが最後 医療によって病気になる 例えば 薬害問題 薬害肝炎:HIV感染 医療過誤 医療ミス 医療問題 病院の質 ドクターハラスメント 医療裁判 薬害裁判 医療にまつわる話 ドラマ白い巨塔〜全般 患者さんや被害者 医療関係者で 作るコミュです 医療を良くしようと 皆で考えましょう

    テーマ投稿数 98件

    参加メンバー 26人

  • 放射冷却

    放射冷却

    放射冷却(ほうしゃれいきゃく)とは、高温の物体が周囲に電磁波を放射することで温度が下がる現象のことである。 日本では、冬季のよく晴れた夜間に放射冷却による気温の低下が発生することが多く、天気予報では放射冷却による低温に注意する旨の呼びかけが行われる。そのため単に放射冷却と言った場合には、気象としての現象を指すことが多い。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 寒波

    寒波

    寒波(かんぱ、cold wave)は、その地域の平均的な気温に比べて著しく低温な気塊が波のように押し寄せてくる現象のこと。北極周辺の高・中緯度地域に現れやすい。規模の大きいものでは「大寒波」とも呼ばれる。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 雨

    雨(あめ)とは、空から水滴が落ちてくる天候のこと。また、その水滴。

    テーマ投稿数 31件

    参加メンバー 12人

  • 地球高温化

    地球高温化

    埼玉県の川口市が2009年4月1日から地球温暖化に代わる呼称として使う表現。一般的にいわれる地球温暖化と意味は同じ。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 2人

  • 気象レーダー

    気象レーダー

    気象レーダー(きしょうレーダー)は、気象状況を観測するためのレーダーである。アンテナから電磁波を放射し、反射して返ってくる電磁波を分析することで、雨や雪の位置と密度、風速や風向などを観測している。レーダーの種類にはいくつかあり、それぞれ観測できるものが異なる。 気象学においては、気象現象の観測に重要な役割を果たす機器であり、1950年代から普及し始めた。工学においては、リモートセンシング技術の1つに位置づけられる。

    テーマ投稿数 79件

    参加メンバー 4人

  • 菜種梅雨

    菜種梅雨

    主に3月下旬から4月上旬にかけての、連続した降雨を「菜種梅雨」と言う。菜の花が咲く頃に降るためこの名前がある。梅雨のように何日も降り続いたり、集中豪雨を見ることは少ないが、やはり曇りや雨の日が多く、すっきりしない天気が何日も続くことが多い。冬の間、本州付近を支配していた大陸高気圧の張り出しや、移動性高気圧の通り道が北に偏り、一方で、その北方高気圧の張り出しの南縁辺に沿って、冷湿な北東気流が吹いたり、本州南岸沿いに前線が停滞し易くなるために生ずる。そのときには南岸に小低気圧が頻繁に発生し易くなるのも、また特色である。そのため、西〜東日本太平洋沿岸部にかけていう場合が多く、北日本にはこの現象は見られない。近年は、暖冬傾向及び、温暖化の影響もあり、菜種梅雨が冬に繰り上がるきらいがあり、気候の変動が懸念される面もある。例としては、1990年(平成2年)2月は月の後半を中心に曇雨天続きで、東京での同・月間日照時間は僅か81時間しかならず、大暖冬を象徴するかのようだった。また、1985年(昭和60年)には3月は月全体を通して関東以西の太平洋側地方では冷たい雨の連続で、東京では同年月での快晴日数は0(梅雨期である6、7月を除いては初のワースト記録)、日本気象協会発行の天気図日記では「暗い3月」と評される程であった。その他、1988年(昭和63年)、1991年(平成3年)、1992年(平成4年)、1995年(平成7年)、1999年(平成11年)と3月が比較的長いこと曇雨天が持続した影響で、月間日照時間は北日本除いてかなり少なかったため、20世紀末にかけての3月は、「菜の花の上にお日様無し」、「行楽受難・鬼門の月」、「花見には 傘など雨具が 必需品」、「卒業式、終業式はいつも雨」などと不名誉なレッテルが貼られたこともあった。その他、2002年(平成14年)、2006年(平成18年)には2月おわりから3月初めにかけて、南岸前線が停滞したり、朝晩中心に雨の降り易いすっきりしない空が続いて、お天気キャスターの一部では「菜種梅雨の走り?」と評されたりもした。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 6人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「環境ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)