TOPICS

続きを見る

  • 猛暑

    猛暑

    猛暑(もうしょ)とは、普段と比べて猛烈に暑いときのことである。酷暑(こくしょ)と類義であり、しばしば報道や日常会話で使われる。主に夏の天候について用いるが、晩春や初秋でも使用する。世界気象機関が推奨する定義は「最高気温の平年値を、連続5日間以上、5℃以上上回ること」としているが、各国は、それぞれの気候傾向によって様々な定義で運用している。日本国内においては、日最高気温が摂氏35度以上の日のことを「猛暑日」という。

    テーマ投稿数 85件

    参加メンバー 41人

  • 水害

    水害

    水害(すいがい)とは、水による災害、すなわち洪水や高潮など、水によりもたらされる個人的・社会的被害の総称。水災。これを制御することを治水と呼ぶ。 ハリケーン・カトリーナによる水害気象事象による河川池沼の洪水や高潮などによる外水氾濫のほか、排水が上手くできないで起こる内水氾濫による都市水害も大きな問題となっている。 土砂崩れや土石流災害などは土砂災害、雪によるものは雪害、風によるものは風害と呼ばれる。また、津波による被害は、ふつう水害には含めず、「地震災害」の一種と捉えるか、また単独で「津波災害」と括るのが普通である。 日本で水害など災害が起こった場合、主として消防、地域の自主防災組織(消防団、水防団など)、警察が救援救助に当たるが、大規模災害の場合は自衛隊に災害派遣の要請を行うこともある。

    テーマ投稿数 152件

    参加メンバー 52人

  • 気象警報

    気象警報

    気象警報(きしょうけいほう)は、重大な災害の起こるおそれのある旨を警告して行う予報(気象業務法第2条第7項)である。法令用語としては、単に警報と言う。注意報も参照。 日本における国の気象業務としては、明治16年5月26日に初めて全国暴風警報が発表されて以来、太平洋戦争の開戦直前から敗戦直後までの約4年間を除き、国の責務として、全国および各地方を対象に実施されている。

    テーマ投稿数 73件

    参加メンバー 10人

  • 景観について考えよう!

    景観について考えよう!

    自然景観、都市景観について何でもどうぞ。 景観資源を保全し、すぐれた都市空間の形成を!

    テーマ投稿数 108件

    参加メンバー 5人

  • 打ち水

    打ち水

    打ち水(うちみず)とは、庭や道路など屋外に水を撒く、昔からの日本の風習である。また、その撒く水のことを指す。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • セコロジーな暮らし

    セコロジーな暮らし

    皆さんが取り組む『セコロジー』を教えて下さい。 『エコロジー』って難しく考えるよりも、チョットだけお財布に優しくって考えれば気が楽ですよね

    テーマ投稿数 287件

    参加メンバー 31人

  • ゲリラ豪雨

    ゲリラ豪雨

    近年の集中豪雨には,(1)降雨の範囲が大変に局所的である,(2)降雨時間が短い,(3)単位時間当たりの降雨量が多い,といった特徴がある。

    テーマ投稿数 39件

    参加メンバー 23人

  • 環境問題

    環境問題

    環境問題(かんきょうもんだい、英:Environmental threats, Environmental issues, Environmental problems)とは、人類の活動に由来する周囲の環境の変化により発生した問題の総称である。

    テーマ投稿数 103件

    参加メンバー 19人

  • エネルギー資源

    エネルギー資源

    エネルギー資源(エネルギーしげん、Energy resource)は、発電や動力機関等に用いられる石油、石炭、核燃料などの総称である。

    テーマ投稿数 54件

    参加メンバー 19人

  • 東海豪雨

    東海豪雨

    東海豪雨(とうかいごうう)は、2000年9月11日 - 12日を中心に愛知県名古屋市およびその周辺で起こった豪雨災害(水害)。東海集中豪雨とも言う。都市水害の恐怖を実感させる大きな被害で話題になった。なお、東海豪雨は通称であり、気象庁による命名ではない。後に激甚災害に指定された。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 7人

続きを見る

続きを見る

続きを見る