TOPICS
  • 1位

    16年ぶりの謝甜記-中華粥(横浜中華街)

    10月27日、横浜中華街では香港路の安記(昭和7年)に次ぐ中華粥の老舗、謝甜記(昭和26年)へ行ってきました。お粥を食べるために中華街へ行くという機会はなかなかなく、実に16年振りのことになります。子供の頃に読んだ本には、中華街で働く料理人たちが朝食のために鍋を持って謝甜記に列を作ると書いてあった記憶があります。訪れたのは、本店から少し離れた弐号店の方。地元では有名ですが、トレードマークは入口に置かれたサンタクロースで、創業時に近所のバーから譲りけたものと聞いています。確か、「サンタクロースのように、世界中に知られる店になりたい」という思いがあったとも、単純に目立つからという説もあります。お店のHPによれば、お粥は、生米を乾燥牡蠣、乾燥貝柱、丸鶏と共に約4時間も煮込むそうです。塩もセルマランドゲランドという、フ...16年ぶりの謝甜記-中華粥(横浜中華街)

    窪田恭史のリサイクルライフ

    窪田恭史のリサイクルライフ

    読者になる

続きを見る

  • ユニアースプロジェクト

    ユニアースプロジェクト

    「分かってはいても、やめられない」今日の矛盾する社会構造。このままでは近い将来、この地球に住めなくなると言われてもおかしくない世の中となりました。そのような現状を円滑に変換させるひとつのご提案として、「ユニアースプロジェクト」という取り組みをご紹介させていただきます。 ご意見、ご質問をいただけましたら、大変うれしく思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

    テーマ投稿数 42件

    参加メンバー 1人

  • 酸性雨

    酸性雨

    酸性雨について。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 2人

  • バイオエタノール考

    バイオエタノール考

    バイオエタノール解禁・・・ 大変なニュースになっています! 皆さん、トラコミュでいろいろな御意見 聞かせてください!

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 6人

  • 日常生活の微生物活用技術を考える

    日常生活の微生物活用技術を考える

    (例)■食品と微生物 種々の発酵食品の生産で使われている微生物群 ・パン・乳製品・酒類・味噌・醤油 ・漬物・納豆 ・・・・・・ いやはや、日本人の食生活の歴史は、微生物との 共存なしには、考えられない・・・感謝感激! 皆さんの身の回りは、いかがですか?

    テーマ投稿数 305件

    参加メンバー 42人

  • おもしろ看板

    おもしろ看板

    チョット変わった標識や看板 みーつけた!

    テーマ投稿数 143件

    参加メンバー 25人

  • パフォーマンスを起こそう。

    パフォーマンスを起こそう。

    時事ネタで、素朴な疑問を話したり。社会や環境について、無駄な事に警告を発し、コストパフォーマンスを上げて、社会や環境にやさしい話が出来る、トラコミュにしたい。

    テーマ投稿数 120件

    参加メンバー 14人

  • コンポスト

    コンポスト

    コンポストについて語り合いましょう。

    テーマ投稿数 78件

    参加メンバー 10人

  • 田んぼ

    田んぼ

    田んぼやお米のことをもっと考えてみない?

    テーマ投稿数 136件

    参加メンバー 36人

  • 復活・・・地域の後継者育成・1次産業

    復活・・・地域の後継者育成・1次産業

    後継者問題・・・文化・産業・後継ぎ等地域により、 いろいろな、問題をかかえていると、思います。 一人一人が、地域のなかで、文化等考え・・・復活と 言う何かの意義・使命を考え・・・強い日本を、作りましょう。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 5人

  • 環境リサイクル

    環境リサイクル

    環境リサイクルについて。

    テーマ投稿数 112件

    参加メンバー 40人

続きを見る

  • 【講演メモ】「戦国武将に学ぶ経営術」

    11月20日、横浜中小企業懇話会の経営者セミナーにて、静岡大学名誉教授、文学博士、小和田哲男様のお話しを拝聴する機会がありました。こちらは、「戦国武将に学ぶ経営術」と題したご講演のメモです。イントロでは、NHK大河ドラマの時代考証という仕事がどういうものなのか、お話しがありました。たとえば、これは小和田様が手掛けられたものではありませんが、2016年に『真田丸』というドラマがありました。主人公の名前は真田信繁。かつては真田幸村と呼んでいましたが、本当は信繁が正しく、このドラマでは「信繁」が採用されました(1985年の『真田太平記』では、「幸村」でしたね)。こうした歴史研究の移り変わりを反映するのも大事なお仕事のようです。【戦国時代のキーワード】1.弱肉強食2.合従連衡3.下剋上1.下剋上と立身出世願望1)「負け...【講演メモ】「戦国武将に学ぶ経営術」

    窪田恭史のリサイクルライフ 窪田恭史のリサイクルライフ
    読者になる

続きを見る

  • groupokameの日記

    生活や仕事の中で「?」なことはたくさん。?なことや、わかる人に聞いた内容をおすそわけ。

    読者になる

続きを見る