TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

緑化 トップ TOP

help
  • 1位
    アラシャン通信

    アラシャン通信

    黄沙の激しい内モンゴル阿拉善にて砂漠化を止めるための植林活動を行っています。

    読者になる

続きを見る

続きを見る

  • 限界集落

    限界集落

    限界集落……日本人の多くは、田舎にルーツがあります。 選挙民は少ないかもしれない。けれども、限界集落の問題はわたしたち日本人のこれからを映す鍵かもしれません。

    テーマ投稿数 97件

    参加メンバー 6人

  • 生物多様性のニュース

    生物多様性のニュース

    地球温暖化問題と関連して、生物多様性に関する問題が世界的に注目を集めています。絶滅の危機に瀕している動植物や日本国内で深刻化している外来生物の被害、既存の動物の獣害のニュースなどの情報を集めていきます。

    テーマ投稿数 95件

    参加メンバー 19人

  • エネルギー関連ニュース

    エネルギー関連ニュース

    脱化石燃料の動きが活発化しています。新エネルギー、再生可能エネルギーの導入を導入することで、社会、経済にさまざまな影響がありそうです。多くの情報を集めていくことで、「気付き」のきっかけにしていきたいと思います。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 6人

  • 林業関連ニュース

    林業関連ニュース

    地球温暖化対策として森林を見直す動きが活発化しています。二酸化炭素吸収源として注目をあつめるなか、間伐促進や国産材の利用促進などの取り組みが広がりを見せています。情報を共有していくことで、「気付き」のきっかけを作っていこうと思います。

    テーマ投稿数 34件

    参加メンバー 10人

  • バイオマス燃料関連ニュース

    バイオマス燃料関連ニュース

    廃食用油からバイオディーゼルを生成する取り組みが盛んに行われています。2009年から、バイオエタノール混合のバイオガソリンが本格的に販売されます。バイオ燃料の情報を集めていこうと思います。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 電気自動車関連ニュース

    電気自動車関連ニュース

    2009年より、日本国内で本格的に電気自動車の販売が開始されます。小売業界が急速充電器を設置するなど、クルマに関わる環境が大きく変化することが予想されます。新しい情報・ニュースをください。 エンジンとモーターの組み合わせで走るハイブリッド車(HV)が日本を代表する次世代技術であることは周知の通り。ハイブリッドと同様、電気自動車(EV)も日本メーカーが世界市場で先駆けとなっています。 電気自動車(Electric Vehicle)はエンジンの代わりのモーターとバッテリー、車載充電器、蓄電池、制御装置などを備え、ガソリンの代わりにバッテリーに充電された電気を気使って走行する自動車です。

    テーマ投稿数 74件

    参加メンバー 31人

  • 燃料電池関連ニュース

    燃料電池関連ニュース

    2009年から家庭用燃料電池が本格的に販売されます。石油やガス、バイオマスを原料に家庭でも発電ができるようになります。新しい情報を共有していこうと思います。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 3人

  • いぶき (人工衛星)

    いぶき (人工衛星)

    いぶき(GOSAT : ゴーサット、Greenhouse gases Observing SATellite)は、環境省、国立環境研究所(NIES)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発中の温室効果ガス観測技術衛星。地球温暖化の原因とされている二酸化炭素やメタンガスなどの温室効果ガスの濃度分布を宇宙から観測する。2008年10月15日、愛称が一般公募によって「いぶき」に決定された。2009年1月21日にH-IIAロケット15号機にて打ち上げられる予定であったが、天候不順のため、23日に変更され、2009年1月23日12時54分、種子島宇宙センターより無事打ち上げに成功し、同日午後、軌道投入に成功したことが確認された。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • H-IIAロケット

    H-IIAロケット

    H-IIA ロケット(エイチツーエー-)は、宇宙航空研究開発機構 (JAXA)(開発当時は宇宙開発事業団(NASDA))が開発し、三菱重工が製造および打ち上げを行う、人工衛星打ち上げ用ロケットである。 JAXA内での表記は「H-IIAロケット」で、発音は「エイチツーエーロケット」であるが、新聞やテレビなどの報道では、「H2Aロケット」と表記され、「エイチにエーロケット」と発音される場合が多い。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 人工衛星

    人工衛星

    人工衛星(じんこうえいせい、Artificial Satellite)は、地球などの惑星の周りを回る人工天体のこと。主に通信、観測などをさせるのが目的である。地球周回軌道以外を飛行する人工天体である人工惑星と区別される。有人宇宙船や宇宙ステーション、スペースシャトルも含まれ、アメリカ航空宇宙局等の人工衛星軌道データに掲載もされるが、これらについて触れる際には人工衛星とは呼ばないのが普通である。 人工衛星は通常地球を周回する軌道にあるものが大部分であるが、惑星探査目的で火星や土星などの他の惑星を回る軌道上に宇宙探査機が到達しており、各惑星の人工衛星となっている。これらは惑星の観測を行ったり、火星探査機などのように他惑星の表面に着陸した宇宙探査機からの各種観測データを地球まで中継送信している。 人工物体に地球を周回させるには、ロケットを用いて打ち上げ、予定した軌道上で適切な軌道速度を実現する必要がある。

    テーマ投稿数 35件

    参加メンバー 27人

続きを見る

続きを見る