searchカテゴリー選択
chevron_left

「環境」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

太陽光発電(京セラ) トップ

TOP help

続きを見る

  • 土砂災害

    土砂災害

    土砂災害(どしゃさいがい)とは、土砂の移動が原因となる自然災害をいう。 集中豪雨などを原因として発生する土石流、地すべり、がけ崩れ(急傾斜地崩壊ともいう)などが該当する。 山地などの森林内で発生するものについては、山地災害と言い分ける。 道路や住宅地などの人為的に造られた法面は、土砂災害に分類しないことが多い。 保全対象に応じて治山・砂防事業などによる防災対策が進められているが、依然として発生数は年間500〜2,000箇所(気象条件により著しく増減する)と多く、死者も10人前後発生している。 海外では、日本と同様に急峻な国土を持つ、インドネシア、ネパールなどでも多数発生しており、年間1,000人程度の死者を出すこともある。日本の技術支援により対策を進められている。

    テーマ投稿数 949件

    参加メンバー 32人

  • 洪水

    洪水

    洪水(こうずい)とは、大雨・融雪が原因で河川の増水・氾濫により引き起こされる自然災害(天災)の一種である。洪水等により、もたらされる被害を総称して水害と呼び、これを制御することを治水と呼ぶ。

    テーマ投稿数 84件

    参加メンバー 29人

  • 天然ダムと災害

    天然ダムと災害

    天然ダム(てんねんダム)は、土砂などが河川に流れ込み川を堰き止める現象 及び その結果形成された地形のこと。 多くの場合は形成後、数時間〜数日で崩壊するが、規模が大きい場合には河道を完全に閉塞して湖沼を形成することもある。このような永続的なものは堰き止め湖(せきとめこ)と呼ぶ。 2004年10月23日に発生した新潟県中越地震では、新潟県古志郡山古志村を流れる芋川流域などでこの現象が発生した。天然ダム(てんねんダム)という言葉は学術用語として広く使われ、日本の国土交通省でもこの表記を採用していたが、この表現が「美しい印象を与えてしまう恐れがあり、被災者の心情にそぐわない。」として、同年11月12日、日本の国土交通省はこの現象の表記を河道閉塞(かどうへいそく)に改めることにした。 マスコミなどの報道では(特に新潟県中越地震以降)、地震湖、地震ダム、震災湖、震災ダム、土砂崩れダム、土砂ダム、災害ダムなど、発生原因による表現方法や単に異なった表現方法が用いられることが多い。(用語の統一は図られていないようで、報道機関によって表現はまちまちであるのが現状である。) 2008年に発生した中国の四川大地震や岩手・宮城内陸地震で話題となっている。

    テーマ投稿数 69件

    参加メンバー 7人

  • 原油

    原油

    原油(げんゆ、Crude oil)は油田から採掘したままの状態で、精製されていない石油をいう。 採掘後、ガス、水分、異物などを大まかに除去したものが原油である。黒くて粘り気のある液体であり、さまざまな分子量の炭化水素の混合物が主成分である。他に硫黄、酸素、窒素を含む化合物を少量含む。組成は炭素が83-87%、水素が11-14%、硫黄が5%以下、その他の元素は2%以下である。炭素と水素以外の組成は産地によって大きく異なるが、理由はまだ解明されていない。比重は0.8-0.98。 原油は鉄鉱石や石炭と並んで主要な鉱物資源である。2001年時点で全輸出量の約5割を占めるOPEC加盟国だけでも、輸出によって2,100億ドル以上を得ている。以下に、埋蔵量、産出量、貿易、消費についてまとめた。統計資料には石油開発資料2003とEnergy Statistics Yearbook 2001を用いた。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 6人

  • 天然ガス

    天然ガス

    天然ガス(てんねんガス、Natural gas)は一般に、天然に産する化石燃料である炭化水素ガスのことを指す。 広義には、地下に存在するガス、または地下から地表に噴出するガス一般のことであり、この中には化石燃料ガス(可燃性ガス)だけでなく、窒素や酸素、炭酸ガス、硫化水素ガス、亜硫酸ガス、硫黄酸化物ガスなどの不燃性ガスも含まれる。これら不燃性ガスの多くは火山性ガスである。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 2人

  • 温室効果

    温室効果

    温室効果(おんしつこうか)とは、大気圏を有する惑星の表面から発せられる放射(電磁波により伝達されるエネルギー)が、大気圏外に届く前にその一部が大気中の物質に吸収されることで、そのエネルギーが大気圏より内側に滞留し結果として大気圏内部の気温が上昇する現象。 気温がビニールハウス(温室)の内部のように上昇するため、この名がある。ただし、ビニールハウスでは地表面が太陽放射を吸収して温度が上昇し、そこからの熱伝導により暖められた空気の対流・拡散がビニールの覆いにより妨げられ気温が上昇するため、大気圏による温室効果とは原理が異なる。温室効果とは、温室同様に熱エネルギーが外部に拡散しづらく(内部に蓄積されやすく)なることにより、原理は異なるものの結果として温室に似た効果を及ぼすことから付けられた名である。 温室効果ガスである二酸化炭素が増加していることが、現在の地球温暖化の主な原因とされている。また、金星の地表温度が470℃に達しているのも、90気圧とも言われる金星大気のそのほとんどが温室効果ガスの二酸化炭素なので、その分、光学的厚さが大きいためとされている。しかし、依然として金星大気の地表温度にはなぞが残っており、他にも少量の水蒸気や酸化硫黄による光学的厚さの寄与や硫酸の雲の効果が影響しているのではとの説もある。一般に、金星の初期形成過程において、大量の水蒸気が大気中に存在し、いわゆる暴走温室効果が発生したのでははないかとの説もあるが異論も存在する。

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 7人

  • これはオススメ!エコバッグゥ〜

    これはオススメ!エコバッグゥ〜

    こんなエコバッグがあったらなあ…とか、こんなエコバッグあるよ!などというネタがあったら教えてください。

    テーマ投稿数 96件

    参加メンバー 33人

  • キャンドルの灯りで楽しいスローな夜を♪

    キャンドルの灯りで楽しいスローな夜を♪

    キャンドルと聞くとあなたは何をイメージしますか? お誕生日のバースディーケーキかしら? ラベンダーやローズなどの香りのアロマキャンドルかしら? それとも、お洒落なディナーでのキラキラしたガラスホルダーでの演出かしら? 100万人のキャンドルナイトイベントなどに限らず<普段の夜のシーンにキャンドルはいかが♪ 優しい炎に心安らぐ記事やポエム、可愛いキャンドル雑貨を購入した記事、手作りキャンドルなどキャンドルに関連した記事を待ってまーーーす♪

    テーマ投稿数 357件

    参加メンバー 80人

  • エコロジー

    エコロジー

    エコロジーとは、狭義には生物学の一分野としての生態学のことを指すが、広義には生態学的な知見を反映しようとする文化的・社会的・経済的な思想や活動の一部または全部を指す言葉として使われる。後者は英語のEcology movementやPolitical ecologyなどに相当する。以下の記事では主に後者の説明をする(狭義のエコロジーの説明は生態学を参照)。後者の内容は、「環境に配慮していそう」なファッションなどから、「地球に優しい」と称する最先端技術や企業活動、市民活動、「自然に帰れ」という現代文明否定論まで、きわめて広範囲にわたる。

    テーマ投稿数 124件

    参加メンバー 30人

  • 緑の党(環境・多文化・反戦主義)

    緑の党(環境・多文化・反戦主義)

    緑の党(みどりのとう)は、環境主義(エコロジー)、多文化主義、反戦などを主な主義、信条とする政党・政治勢力。

    テーマ投稿数 100件

    参加メンバー 10人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「環境ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)