TOPICS

続きを見る

  • 有機リン化合物

    有機リン化合物

    有機リン化合物(ゆうきリンかごうぶつ)は炭素−リン結合を含む有機化合物の総称である。有機リン化学ではそれらの性質や反応性を研究する。リンは窒素と同じく第15族元素であり、それらを含む化合物は共通の性質を持つことが多い。 リン原子は−3、−1、+1、+3、+5価の原子価をとりうる。多くの化学の文献では、符号にかかわらず+3価と−3価の酸化状態を共に (III) と表すことが多い。IUPAC命名法には配位数 δ と結合数 λ を用いたものがある。この命名法に従えば、ホスフィンは δ3λ3 の化合物となる。 神経系・呼吸器系に対する毒性がある化合物が多いことから、第二次世界大戦前後から殺虫剤として農薬に使われている。「ホス(phos)」と付く農薬はたいてい有機リン剤である(ただしホスゲンは無関係)。また人に対する神経毒性が高い化合物も多いため、神経ガスとしてサリンなどが開発された。人の中毒症状としては縮瞳が(『縮瞳と言えば脳幹出血か有機リン中毒』と言われる位に)特徴的である。公衆衛生学、労働安全衛生、労働災害では、毒性のある化合物について特に疾病原因や汚染物質として扱う。 また、化学兵器原料となるものも多数あり、これらは製造・使用・取引などにおいて各種の法規制を受ける。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 3人

  • 自然遺産(世界遺産)

    自然遺産(世界遺産)

    すぐれた価値をもつ地形や生物、景観などをもつ地域。

    テーマ投稿数 299件

    参加メンバー 34人

  • 複合遺産 (世界遺産)

    複合遺産 (世界遺産)

    文化と自然の両方を兼ね備えるもの。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 危機にさらされている世界遺産

    危機にさらされている世界遺産

    危機にさらされている世界遺産(World Heritage in Danger)は、ユネスコの世界遺産登録物件のうち、その物件の世界遺産としての意義を揺るがすような何らかの脅威にさらされている、もしくはその恐れがある物件のことである。日本では単に危機遺産と呼ばれることも多い。 世界遺産委員会によって危機遺産と認定された物件は、「危機にさらされている世界遺産リスト」(危機遺産リスト)に加えられる。危機遺産は、脅威が去ったと判断されれば危機遺産リストから除外されるが、逆に危機にさらされた結果、世界遺産としての価値が失われたと判断された場合、世界遺産リストそれ自体から削除される可能性もある。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 6人

  • 春一番

    春一番

    春一番(はるいちばん)とは立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強風の事である。主に太平洋側で観測される。春一番が吹いた翌日は西高東低の冬型の気圧配置となり、寒さが戻ることが多い。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 3人

  • 低気圧

    低気圧

    低気圧(ていきあつ、Low pressure)とは、周囲より気圧の低い部分をいう。周囲より気圧が低いと定義されるので、中心気圧が1気圧 (1013 hPa) より高い低気圧も珍しくない。冬季にシベリア高気圧の圏内に発生する低気圧の中には1030hPa以上のものもしばしば見られる。 一般に、低気圧は雲を伴い、雨や風をもたらす。転じて不機嫌な人を表す。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 4人

  • ごみ問題

    ごみ問題

    ごみ問題(ごみもんだい)とは、生活や産業において発生したごみ、廃棄物(一般廃棄物、産業廃棄物を含む)に関する問題のこと。

    テーマ投稿数 80件

    参加メンバー 29人

  • チェルノブイリ原子力発電所事故

    チェルノブイリ原子力発電所事故

    チェルノブイリ原子力発電所事故は、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間)にソビエト連邦(現 ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉が起こした原子力事故。4号炉はメルトダウンののち爆発し、放射性降下物がウクライナ・ベラルーシ・ロシアなどを汚染した。事故後のソ連政府の対応の遅れなどが重なり被害が甚大化・広範化し、史上最悪の原子力事故となった。

    テーマ投稿数 45件

    参加メンバー 3人

  • エコ(環境)テロリスト

    エコ(環境)テロリスト

    エコテロリスト(Eco-terrorist)とは環境問題や動物の権利擁護を口実に非合法の破壊、脅迫、暴行などのテロ活動を行う者。アメリカ連邦捜査局のテロリスト分類に基づく呼称。環境テロリストとも。 元々はFBIの報告書に由来する言葉。主要なエコテロリスト団体としては動物解放戦線(ALF;Animal Liberation Front)、地球解放戦線(ELF;Earth Liberation Front)、ハンティンドンの動物虐待阻止(SHAC;Stop Huntingdon Animal Cruelty)があり、放火、爆破、略奪、脅迫、誘拐、拷問、傷害等の活動を行っている。 この言葉の定義については論争の的となっており、しばしば暴力的な行為を行う環境保護団体に対する蔑称として用いられる。事例としては2006年1月8日、南極海において捕鯨問題をめぐって対立している日本鯨類研究所とグリーンピースとの間での応酬があげられる。鯨類研究所の調査捕鯨の実施と、それに対するグリーンピースの抗議行動のさなかに発生した、調査捕鯨母船「日新丸」とグリーンピースのキャンペーン船「アークティック・サンライズ」の接触事故に関して、日本鯨類研究所側がグリーンピースを非難するプレスリリースの中でこの言葉を使っている。なお、この接触事故に関しては、双方共にビデオ・写真を公開して事件の説明をしているが、双方が「相手にぶつけられた」と主張しており、見解は対立している(日本鯨類研究所は、日新丸は他船に貨物を移し替える為停船していたと主張している)。グリーンピースについては米国の連邦捜査局(FBI)からは国内テロリズムの団体として監視されている団体であることがACLUが情報公開法に基づいて入手したFBI資料で明らかとされている。また、日本政府調査捕鯨対策として特殊警備隊を乗船してる事を非公式に表明。 また逆に、環境保護に非常に不熱心であるとされる行政責任者・官僚や経営者に対する批判者が非難をする場合のレトリックとしても使われる。 なお、エコテロリスト/テロリズムと同様の表現に環境テロリスト/テロリズムがあるが、こちらはテロの手段として環境を人質にとるやり方を指すように区別して使われている。

    テーマ投稿数 59件

    参加メンバー 19人

  • 漂流・漂着ごみ

    漂流・漂着ごみ

    漂流・漂着ごみ(ひょうりゅう・ひょうちゃくごみ、Marine Litter)とは、海洋を漂流しているごみ及び海岸に漂着したごみの総称のことである。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

続きを見る

続きを見る