TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

太陽光発電(スカイジャパン) トップ TOP

help

続きを見る

  • 農薬

    農薬

    農薬(のうやく)とは、農業の効率化、あるいは農作物の保存に使用される薬剤の総称。殺菌剤、防黴剤(ぼうばいざい)、殺虫剤、除草剤、殺鼠剤(さっそざい)、植物成長調整剤(通称植調:植物ホルモン剤など)等をいう。 虫害や病気の予防や対策、除虫や除草の簡素化、農作物の安定供給・長期保存を目的として、近代化された農業では大量に使用されている。一方、ヒトに対して毒性を示す農薬も多く知られており、使用できる物質は法律で制限されている。

    テーマ投稿数 45件

    参加メンバー 16人

  • 大雪

    大雪

    雪が激しく降ること。または大量に降り積もった雪。

    テーマ投稿数 98件

    参加メンバー 28人

  • 気候変動枠組条約

    気候変動枠組条約

    気候変動枠組条約(きこうへんどうわくぐみじょうやく、正式名称は「気候変動に関する国際連合枠組条約」、United Nations Framework Convention on Climate Change / UNFCCC, FCCC)は、地球温暖化問題に対する国際的な枠組みを設定した条約。地球温暖化防止条約、温暖化防止条約とも通称される。大気中の温室効果ガス(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素(亜酸化窒素:N2O)など)、HFCs、PFCs、SF6)の増加が地球を温暖化し、自然の生態系等に悪影響を及ぼすおそれがあることを人類共通の関心事であると確認し、大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ、現在及び将来の気候を保護することを目的とする。気候変動がもたらすさまざまな悪影響を防止するための取り組みの原則、措置などを定めている。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • 雪害と対策

    雪害と対策

    【直接被害】 積雪(大雪)=交通障害、人身被害(転倒、雪除け中の事故)、構造物損壊 風雪・暴風雪(吹雪)=視程障害、吹き溜まりの発生 雪崩=交通障害、人身被害、農林被害 着雪=通信線・電線の損傷、農林被害 融雪=洪水の発生 【間接被害】 屋内閉じ込めによる健康被害 【雪対策】 除雪、排雪、融雪、雪おろし、雪吊

    テーマ投稿数 38件

    参加メンバー 15人

  • 太陽光で加熱調理!ソーラークッカー 

    太陽光で加熱調理!ソーラークッカー 

    太陽の熱を利用して料理が出来る、ソーラークッカーや太陽焦熱炉、 ソーラーオーブン、パネルクッカー、パラボラクッカー 等に関する記事を書いたら教えてください。 自作をしている人。 既製品を買った人。 興味の有る人。 何でもOK!

    テーマ投稿数 42件

    参加メンバー 7人

  • 冬将軍

    冬将軍

    冬将軍(ふゆしょうぐん)とは、厳しい冬の様子を擬人化した表現。日本では特に、冬季に周期的に南下する北極気団(シベリア寒気団)を指す。 日本では、冬将軍が到来すると、日本海側に強い降雪をもたらし、太平洋側では乾燥した北西風が吹き荒れる。標高の高い関東山地を越え雪雲が東京に流れ込むことは少ないが、回廊のような地形である関ヶ原は雪雲の通り道となり、名古屋周辺の地域に降雪をもたらす。 朝鮮半島や中国東北部では、冬将軍は三寒四温となって現れる。 冬将軍が到来すると、気温は10度以上低下し、去れば元に戻る。7月のソウルの月平均気温が東京とほぼ同じであるにも拘らず、1月の月平均気温が札幌とほぼ同じであるのは、シベリアとの間に海がなく、北極気団に直撃されるためである。

    テーマ投稿数 40件

    参加メンバー 15人

  • 風花

    風花

    風花(かざはな、かざばな)は、晴天時に雪が風に舞うようにちらちらと降ること。あるいは山などに降り積もった雪が風によって飛ばされ、小雪がちらつく現象のこと。からっ風で有名な群馬県でよく見られる。 冬型の気圧配置が強まり、大陸から日本列島に寒気が押し寄せてくると日本海側で雪が降るが、その雪雲の一部が日本列島の中央にある山脈を越え、太平洋側に流れ込んできたときに風花が見られる。 ここではそんな群馬の風土を紹介しながら ガーデニングブログを更新していきます。 全国各地域の特色ある気候風土などの記事もお気軽にお寄せください。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 3人

  • からっ風

    からっ風

    からっ風(からっかぜ)とは、主に山を越えて吹きつける下降気流のことを指す。 山を越える際に温度、気圧ともに下がることで空気中の水蒸気が雨や雪となって山に降るため、山を越えてきた風は乾燥した状態となる。 「上州のからっ風」(群馬県。赤城おろしとも)、「遠州のからっ風」(静岡県西部)などが有名である。 【影響】 ・強風により看板が飛ばされるなどの被害がある。 ・空気の対流により冷え込みが抑えられるため、周辺に比べて降積雪の量が少なくなる。ただし強風による体感温度の低下がある。 【利活用】 ・強風を利用して、風力発電などが行われる。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 6人

  • 地球温暖化に対する懐疑論

    地球温暖化に対する懐疑論

    地球温暖化に関しては、国際連合の下部機関であるIPCCが発行したIPCC第4次評価報告書がこれまでの学術的知見を集約しかつ国際的に広く認められており、世界の動きもこれが主軸となりつつある。こうした動きに対して、懐疑論や異論も存在する。  ・予測の不確実性を批判するもの  ・温暖化が人為的でない可能性を喧伝するもの  ・陰謀に基づいていると主張するもの などが見られる。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 4人

  • 有機リン化合物

    有機リン化合物

    有機リン化合物(ゆうきリンかごうぶつ)は炭素−リン結合を含む有機化合物の総称である。有機リン化学ではそれらの性質や反応性を研究する。リンは窒素と同じく第15族元素であり、それらを含む化合物は共通の性質を持つことが多い。 リン原子は−3、−1、+1、+3、+5価の原子価をとりうる。多くの化学の文献では、符号にかかわらず+3価と−3価の酸化状態を共に (III) と表すことが多い。IUPAC命名法には配位数 δ と結合数 λ を用いたものがある。この命名法に従えば、ホスフィンは δ3λ3 の化合物となる。 神経系・呼吸器系に対する毒性がある化合物が多いことから、第二次世界大戦前後から殺虫剤として農薬に使われている。「ホス(phos)」と付く農薬はたいてい有機リン剤である(ただしホスゲンは無関係)。また人に対する神経毒性が高い化合物も多いため、神経ガスとしてサリンなどが開発された。人の中毒症状としては縮瞳が(『縮瞳と言えば脳幹出血か有機リン中毒』と言われる位に)特徴的である。公衆衛生学、労働安全衛生、労働災害では、毒性のある化合物について特に疾病原因や汚染物質として扱う。 また、化学兵器原料となるものも多数あり、これらは製造・使用・取引などにおいて各種の法規制を受ける。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 3人

続きを見る

続きを見る