searchカテゴリー選択
chevron_left

「環境」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

地球環境 トップ

TOP help

注目ハッシュタグ

inkrich「誰でも」と「簡単」と「更新」を3つ集めて合体させて『inkrich』を作りたいんですよぉ〜

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

  • ウメ

    ウメ

    ウメ(梅、学名:Prunus mume)は、バラ科サクラ属の落葉高木、またはその果実のこと。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 8人

  • 花・趣味の園芸

    花・趣味の園芸

    花(はな、華とも書く。花卉-かき=漢字制限のため、「花き」と書かれることが多い)とは植物が成長してつけるもので、多くはきれいな花びらに飾られる。花が枯れると果実ができて、種子ができる。多くのものが観賞用に用いられる。生物学的には種子植物の生殖器官である。 --------------------------------------------------------------------------------------------- 【園芸(えんげい)】 1.園芸(えんげい) は、本来「園藝」と書き、生きた植物を絶対的素材とする芸術(美的文化)の一つである。 2.園芸(えんげい) は英語 horticulture の訳語として農業の一分野である。 3.園芸(えんげい) は英語 gardeningの訳語として造園のことである。

    テーマ投稿数 2,092件

    参加メンバー 110人

  • 火山

    火山

    火山(かざん、volcano)とは、地殻の深部にあったマグマが地表または水中に噴出することによってできる特徴的な地形をいう。

    テーマ投稿数 30件

    参加メンバー 16人

  • 日本実験棟「きぼう」

    日本実験棟「きぼう」

    きぼうは国際宇宙ステーションを構成する日本・宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 保有の実験棟。計画時の呼称はJEM(Japan experiment module:日本実験棟)。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • STOP六ヶ所村

    STOP六ヶ所村

    六ヶ所村、再処理工場についてならOKです!

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 2人

  • 特異日

    特異日

    特異日(とくいび)とは、気象学的な理由は不明だが統計的に毎年その日には特定の天気が現われる傾向が強い日のこと。特異日は日本だけでなく外国でも認められており、英語ではSingularity(シンギュラリティ)と言う。 厄日とは異なることに注意しなければならない。厄日は暦の上から言われるもので、特に農業上の注意を喚起するもの、例えば二百十日などがよく知られるが、特異日とは無関係である。実際、過去の統計を見ると8月末と9月中旬の台風襲来の山にはさまれ、二百十日頃の台風襲来は非常に少ない。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 夏

    夏(なつ、か)は四季の一つ。北半球ではグレゴリオ暦の一年の半ば、南半球では一年の終わりから初めにかけてくる季節である。

    テーマ投稿数 78件

    参加メンバー 17人

  • 秋

    秋(あき)は、四季の1つであり夏の次、冬の前に位置する。 北半球ではグレゴリオ暦の1年の後半、南半球では1年の前半に秋がある。サマータイム実施国ではサマータイムが終了し、時計の針を1時間戻すこととなる。 中緯度の温帯地方では広葉樹が葉を落とし、草が枯れるなど冬へと向かう季節である。稲などの穀物や果物が実る時期であり、成熟などを意味する。

    テーマ投稿数 58件

    参加メンバー 22人

  • 冬

    冬(ふゆ)は四季の一つで、一年中で最も寒い季節である。北半球では1月が一番寒さが厳しい。南半球は季節が逆になるので7月が冬となる。 日本の気象庁では一日の最低気温が0℃以下の日を冬日(ふゆび)、また、その日の最高気温が0℃以下の日を真冬日(まふゆび)と呼んでいる。温暖な中国四国地方・九州以外では、このような日は1月を中心に前後の12月から翌年3月頃にかけて発生するから(ただし、年や地域によっては、晩秋の11月や4月以降でも生じる場合もある)、この時期のあたりが冬の範囲に入る。なお、南半球では6月〜8月あたりが冬となる。

    テーマ投稿数 336件

    参加メンバー 55人

  • 野鳥の保護・野生動物・身近な自然

    野鳥の保護・野生動物・身近な自然

    私は、ある県の傷病鳥獣保護ボランティアをしています。傷ついた野生動物を保護して、また野生に戻すと いう、ボランティアです。 特に春先から初夏にかけては野鳥のヒナの誤認保護(人間で言うなら幼児誘拐)がとても多いのです。 もちろん、本当に保護しなくてはならないヒナもいます。 で、今までのボランティア経験を活用して、みなさまに いろいろなアドバイスができるとよいな、と思っています。 ヒナばかりでなく、成鳥の保護や、野鳥のご質問・身近な自然のご質問も歓迎です。

    テーマ投稿数 227件

    参加メンバー 60人

「環境ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)