TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

地球環境 トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 省エネルギー

    省エネルギー

    省エネルギー(しょうエネルギー)とは、同じ社会的・経済的効果をより少ないエネルギーで得られる様にすることである。略して省エネと言われることも多い。

    テーマ投稿数 32件

    参加メンバー 8人

  • 気候変動に関する政府間パネル

    気候変動に関する政府間パネル

    気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)とは、国際的な専門家でつくる、地球温暖化についての科学的な研究の収集、整理のための政府間機構である。学術的な機関であり、地球温暖化に関する最新の知見の評価を行い、対策技術や政策の実現性やその効果、それが無い場合の被害想定結果などに関する科学的知見の評価を提供している。数年おきに発行される「評価報告書」(Assessment Report)は地球温暖化に関する世界中の数千人の専門家の科学的知見を集約した報告書であり、国際政治および各国の政策に強い影響を与えつつある。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 4人

  • ポスト京都議定書

    ポスト京都議定書

    ポスト京都議定書(-きょうとぎていしょ, 英:Post-Kyoto Protocol)とは、京都議定書の削減対象期間である2008年〜2012年以降の、世界の温室効果ガス削減の枠組みとして議論されている、気候変動枠組条約の議定書。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • APP

    APP

    クリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップ(Asia-Pacific Partnership for Clean Development and Climate, APP)は、2005年7月28日にアメリカ、オーストラリア、中国、インド、韓国及び日本が参加して発足した環境問題、特に温暖化に対処するための枠組み。参加国のうち、京都議定書において実質的に削減義務を有するのは日本のみである。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 地球寒冷化

    地球寒冷化

    地球寒冷化(ちきゅうかんれいか、英:Global cooling)とは、狭義では地球が冷えていく現象のことを指し、広義では、地球表面及び大気の温度が下がっていき、寒冷化すると言う説の事を言う。また、氷河期の始まりだとする場合もある。 この仮説は科学的に強い支持をされたものではなかったが、氷河期の周期性と、1940年代から1970年代の前半にかけての気温の低下の理解を進める上で、良い材料として新聞に報告されたため、人々の関心を一時的に集めた。現在(21世紀初頭)では、地球は寒冷化するのではなく、地球温暖化の時代にあるという意見が主流である。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 4人

  • アーバンネイチャー

    アーバンネイチャー

    あなたの住んでいる町のすぐそばに、がんばっている自然がある。よみがえった自然がある。ちょっとおかしくなった自然もある。ふだん見落としてしまっているあなたの周りの自然をトラックバックしてください^^お散歩のついでに、ツーリングの途中、ハイキングの途中、あなたの見つけた自然が楽しみ!!

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 3人

  • 放射能と放射線(青い光)

    放射能と放射線(青い光)

    放射能(ほうしゃのう、Radioactivity)の物理学的な定義は、放射線を出す能力であるが、広義には放射能をもつ物質(放射性物質)の意味でも使われている。 放射能の強さは、1 秒間に崩壊する原子核の数で表され、ベクレル(記号Bq)という単位で表す。原子核が崩壊するとき放射線を発する。かつては、1 グラムのラジウムが持つ放射能を単位とし、これを1 キュリー(記号Ci)としていた。1 グラムのラジウムは毎秒 3.7×1010 個のα線を放射しているので、1 キュリーは 3.7×1010 ベクレルということになる。なお、放射能と放射線とは混同されがちであるが、その定義は明確に異なるため注意が必要である。 http://youtu.be/4jXzW6V4nyQ 青い光(チェレンコフ光) 斉藤和義・・・普段は目に見えないが臨界の時に見える青い光

    テーマ投稿数 81件

    参加メンバー 24人

  • 落雷

    落雷

    落雷(らくらい)とは、雷(帯電した積乱雲)が地上物に対し放電をすることである。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 猛暑

    猛暑

    猛暑(もうしょ)とは、普段と比べて猛烈に暑いときのことである。酷暑(こくしょ)と類義であり、しばしば報道や日常会話で使われる。主に夏の天候について用いるが、晩春や初秋でも使用する。世界気象機関が推奨する定義は「最高気温の平年値を、連続5日間以上、5℃以上上回ること」としているが、各国は、それぞれの気候傾向によって様々な定義で運用している。日本国内においては、日最高気温が摂氏35度以上の日のことを「猛暑日」という。

    テーマ投稿数 81件

    参加メンバー 38人

  • 水害

    水害

    水害(すいがい)とは、水による災害、すなわち洪水や高潮など、水によりもたらされる個人的・社会的被害の総称。水災。これを制御することを治水と呼ぶ。 ハリケーン・カトリーナによる水害気象事象による河川池沼の洪水や高潮などによる外水氾濫のほか、排水が上手くできないで起こる内水氾濫による都市水害も大きな問題となっている。 土砂崩れや土石流災害などは土砂災害、雪によるものは雪害、風によるものは風害と呼ばれる。また、津波による被害は、ふつう水害には含めず、「地震災害」の一種と捉えるか、また単独で「津波災害」と括るのが普通である。 日本で水害など災害が起こった場合、主として消防、地域の自主防災組織(消防団、水防団など)、警察が救援救助に当たるが、大規模災害の場合は自衛隊に災害派遣の要請を行うこともある。

    テーマ投稿数 143件

    参加メンバー 52人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「環境ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)